Slider

主に透明水彩、色鉛筆、鉛筆での手描きのイラストを制作。
データ納品完全対応。スキャンして必要なデータ形式で納品できます。
手描きでもラフ出し・本番描きともに作業は迅速です。
ご依頼をすばやくすばらしい形にします。

膨大なイラスト・オリジナル作品を公開中です。
こちらでお求めのタッチや内容に近い作品をお探しいただくか、PDFでまとめたサンプルもございます。
まずは必要なイラスト内容についてお問合せくださいませ。
スケジュールやご予算もお伝えいただけましたら幸いです。
普段どのようにご依頼を承って制作をしているかの「ご依頼から作業の流れ」などもご案内しております。
地元である東京都世田谷区の下北沢で活動中。

多くのクライアント様から、流行に左右されない絵をきちんと描けるとのご評価をいただいております。
書籍関係のイラストを担当させていただく機会が多く、ベストセラーになった書籍も少なくありません。
建築学科出身のため空間を描き出したり構造的なイラストをきちんと表現でき、日常的な雰囲気、心象風景も得意です。
アナログ時代の印刷製版の職人経験もあり、印刷の知識やレイアウトに関しての理解も深いです。
手描きで作業に時間がかかるのではないかと懸念される方もいらっしゃるかと思いますが、ラフ出し・本番描きともに作業は迅速で〆切をオーバーしたことは一度もありません。


・イラストのご依頼・ご相談は  お問合せ から
・イラスト発注ご検討のお客様  作品サンプル もあります

文字通り“次の砂漠”

お知らせ

久々のオリジナルです。 最初は月面に黄色い馬を走らせるアイディアでした。でもそれではタダのありふれたメルヘンや癒やし系だし、なにかないかなぁと迷っていました。ふと馬の延長でラクダを思いつき、その次に「文字通り”・・・

「玉電松原物語」第4話

お知らせ

毎月イラストを担当している、坪内祐三さんの連載エッセイ「玉電松原物語」(小説新潮8月号)第4話です。 左の「郵趣会館」は南新宿にあったのですが、全く建物等の資料は見つからず。 でも切手収集をしていた小学校の頃に自分も入り・・・

シャープペン改造

お知らせ

現状での理想のシャープペン^^ 左二つのシャープペンから、右中央のシャープペンに改造の巻。 軽くて重心も良い。握り部も太くて持ちやすく疲れない。握り部は左のクッション部分を移植。 先のチューブが4ミリくらいある製図用が理・・・

「玉電松原物語」イラストページ

お知らせ

小説新潮連載中の「玉電松原物語」の掲載イラストを公開しました。 作家の坪内祐三さんが育った町、玉電の松原周辺を書いた連載エッセイです。私の地元に比較的近い地でもあります。 すべて鉛筆によるイラストで、さっくりと軽い感じで・・・

ページの先頭へ